肥満 むくみ

むくみに効くサプリ

サイドメニューへ

肥満はむくみの原因

むくみやすい人の特徴には肥満体質の方が多いデータがあります。むくみは血管から外に排出された水分が大きな原因となっていますが、肥満とむくみの関係はどうなっているのか見て行きましょう。

簡単に例えてしまうと身体が太っていても体内の臓器や水分、血流を押し上げる筋ポンプの働きは変わりません。

つまり3人で軽自動車を持ち上げるのと、中型車を持ち上げるくらいの差があるのです。肥満体型だと余分な部分に負荷がかかり、通常の働きで血流や水分を押し上げる力が十分に伝わらない。もしくは力不足といった結果に繋がっていきます。

このため肥満体型の方は下半身に水分が溜まりやすく下半身がむくみ症状を起こしやすいことがわかっています。

また皮下脂肪も多いため、むくみが取れにくいのです。

肥満体型の人が綺麗に浮腫み解消を目指すには体内の皮下脂肪を減らして筋力をつけることが大切になってきます。そうなるとやはり運動をすることが近道となります。

むくみは男性と女性であれば、女性の方が悩む方が圧倒的に多いです。これは筋力に差があるためとも言われています。逆にアスリート体型の女性はむくむことがほとんどありません。

なぜなら皮下脂肪も少なく、筋力もあるからです。

肥満体型は健康的にもよくありませんし、通常よりも高い確率でむくみやすい体質となりますので、運動をしながらむくみ対策をしていくことが大切となります。

肥満体型を防ぐ、改善する方法

運動不足の解消

運動不足を解消するには意識して体の動かす量を増やすこと。仕事から帰宅したらストレッチ、エクササイズをしてみたり、食事を作っている最中の動作に「ながらエクササイズ」を取り入れたり方法は多くあります。電車通勤から自転車通勤に変えるだけでも運動不足の解消はできます。1日5分〜10分で良いので意識的に体を動かす時間を作りましょう。

皮下脂肪を減らす

皮下脂肪を減らすことは運動不足解消にもなります。一般的な皮下脂肪を減らす方法としては栄養バランスが整われた食事をして筋力量をUPさせること。筋トレすることになるので運動不足も解消されます。

筋力UP

筋力をつけることで代謝活動も良い状態の体ができ、太りにくい体質を作ることができます。同時に筋力UPは皮下脂肪を燃焼させることにも繋がります。筋力をつけるには毎日の筋トレが欠かせんませんが普段から運動不足の人は1日5分〜10分の運動でも筋力をつけていくことができます。

浮腫みに悩んでいる女性はチェック

むくみ体質になる原因を知る

MENU