長時間の同じ姿勢はむくみを悪化させる

むくみに効くサプリ

サイドメニューへ

デスクワーク・立ち仕事は悪環境。むくみ体質に…

むくみの原因のひとつとして、多いのがデスクワークや立ち仕事をして血液を送り出す力が重力に負けて下半身に水分、リンパ液、老廃物が溜まってしまうこと。

特に立ち仕事や座り仕事がメインとなる人は運動不足になりがちで、筋力の衰えから浮腫み体質になりやすい人が多く見られます。

体をあまり動かさない仕事を行っていると血流の循環が悪くなったり、圧迫され下半身に余分な血流や水分、老廃物が溜まります。また女性では男性に比べ筋肉量が低いので脚に働くポンプ機能が上手に働かない傾向があります。

こういった仕事を行う人は着圧ストッキングやソックスなどのアイテムでできるだけ血液を上に上に流す工夫がむくみ予防・対策の一つとしてありますね。ただ外部対策になるので体質を改善させるには体内から変えていくことが大切です。

そのためには体の巡りを良くする成分を含んだ食事を摂ること。難しい場合はむくみサプリを活用して内部、外部から改善に務めると良いです。

運動不足もむくみの原因

運動をしなければ当然、筋肉量が衰えてきます。

筋肉量が減ると血行が悪くなり、血液の循環が滞ってしまうのでむくみの要因となります。さらに筋肉量の低下は代謝機能を低下。体で熱の発生もしにくくなり、冷え性などの症状も起こりやすくなります。

解消法としては簡単な運動・エクササイズでいいので体を動かすこと。

通勤を自転車・徒歩に変更したり、自宅で簡単な筋肉トレーニングなどをするだけでも低下した筋力を鍛えることができます。

仕事が原因で下半身がむくみやすい方の対策方法

毎日、体を動かす

1日10分でも良いです。体を動かすことが大切。特に下半身を動かすようなストレッチやトレーニングを行いましょう。10分もストレッチやエクササイズができない方は通勤時の徒歩量を増やしたりします。歩くだけでも筋力は使われるので続けていくことで浮腫み体質を改善する十分な運動量になってきます。

お風呂上がりにマッサージ

下半身が浮腫みやすい人は水分やリンパ液を上に押し戻すポンプ機能が低下しています。筋力などをつけるとポンプ機能は強化されますが、最初の内はお風呂あがりの体が柔らかい状態で足首〜太ももにかけてマッサージをしてあげると停滞している水分やリンパ液を流すことができます。

上記のことを行うだけでも翌日の下半身に変化が現れてきます。同時に当サイトで紹介している根本からむくみにくい体質作りをサポートするサプリメントを併用することで以前よりもむくみにくく、軽い体、レッグラインを手に入れることができますよ(・ω<)

浮腫みに悩んでいる女性はチェック

むくみ体質になる原因を知る

MENU